日本語ホームへ     近況報告ホームへ

 

2004年6月

 

暫く忙しくしておりました。こちらのホームページに何度も寄って下さった方、申し訳ありません。6月分をまとめて報告致します。(記入日:7月21日水曜日)

やすこちゃんとマーク
ケビンの卒業
翻訳の仕事
家を売りに出しました

 
やすこちゃんとマーク

これは、実際は5月の終わりの事です。アメリカでは、5月の一番最後の月曜日は、メモリアル・デーと言って、祭日になります。「戦没者追悼記念日で、戦争で亡くなった方、行方不明の方を忍び、その功績に感謝する日」です。(説明は友人のわにさんの去年の日記から、借りて来ました。いつもお世話になります、わにさん。^_^ )やすこちゃんとは、アメリカに来てから、もう13-4年の付き合いで、四つくらい年下なのですが、どちらがお姉さんなのか分からないくらい、いつも良くしてもらっています。マークはやすこちゃんのボーイフレンドで、二人はサンディエゴに住んでいます。サンディエゴは、ラスベガスから車で5−6時間くらい(どれだけとばすかと言うのにも関係してきますが)、距離にして336マイル、約537kmです。去年の冬に、私たち二人がサンディエゴに遊びに行ったので、今回はやすこちゃんとマークが遊びに来てくれました。

ラスベガスは、長い週末とかになると混む傾向にあるし、それで金曜の夜と月曜は道も混むので、土曜日の午前中に着いて、日曜日の午後に帰って行きました。二人は、ギャンブルにはあまり興味はないのですが、二人とも建築関係の仕事をしていて、建物に興味があるので、ホテルも何件か見て回りました。今回回ったアトラクションは、ダウンタウンにあるライトショー、ベラージオと言うホテルの前にある大きな池での噴水ショー。リオホテルでの、ダンスショー。食事は、パリスホテルのバフェと日本食バフェのマキノへ行きました。1日しか居なかったのに、結構いろり見て回れるもんだと、感心しました。(この二人、結構歩くし...笑)ギャンブルに興味のない二人は、次にラスベガスに来る事があるか分からないけど、今度は私たちが遊びに行けたらいいなあと思ってます。

わにさんのホームページ:http://waniwani.hypermart.net
わにさんの日記:http://waniwani.hypermart.net/cgi-bin/scf_diary/scf_diary/scf_diary/index.html
[トップへ]

 
ケビンの卒業

5月の報告に、「ケビンが卒業しました、多分。」と書いたのですが、正式にちゃんと卒業しました。6月の中頃に、卒業証書が届いたのです。普通に大学に通って、教室で他の学生達と一緒に勉強した人は、卒業式に出席する人が殆どなんですが、ケビンの場合、ずっとインターネットで授業を取っていたので、学生友達がいると言う訳でもなく、学校に思い入れがあると言う訳でもなく...それで、卒業式は出席しなかったので、卒業証書が届くまで、本当に卒業出来たのか、ちょっと心配でした。(笑)例えば、何か書類のミスがあったりすると、1学期卒業が遅れるとか...そう言う事もあり得るので、卒業証書が届いた時は、本当にほっとしました。

期末試験が終わって以来、ケビンは仕事時間が終わると、狂ったようにゲームで遊んでいます。(笑)ああ、それでも、最近(もうこれを書いている時は、7月も中旬過ぎています。)は、また自分のソフトのプログラミングのプロジェクトで、忙しくなりましたが。あと、最近日本の本で英訳された本があるのですが、それに凝っています。栗本薫著の「グインサーガ」というシリーズなのですが、今3冊目。このシリーズ、実は今多分96冊とか出ていて、著者は100冊まで行くと言っています。私も昔このシリーズが好きで読んでいたのですが、アメリカに引っ越して来てから、手に入れるのが難しくなったのと、面倒くさくなった(笑)ので、ずっと読んでいませんでした。英訳は、まだ始まったばかりで、3冊しか出ておらず、2冊目を読み終わった時点でもう既に「何で100冊も出るんだよぉ。」と文句を言い始めました。(<- かなり気に入っている証拠です。)それでも、面白いので、3冊目に入った訳なんですが、はてさて、4冊目が出るまで、大丈夫なのだろうか...(笑)これが、赤川次郎のような分かり易い本だったら、「日本語で読めば」と勧めるんですが、この本はSFで結構ややこしく、またページもぎっしり文字で埋まっているので、今のケビンの読解力ではとても無理です。でも、漫画だけではなく、日本の小説にも興味を持ってくれた事は、うれしく思ってます。ちなみに、「座頭市の映画がアメリカでも見れるんだよ」とちょっと嬉しそうなんですが、果たして、ラスベガスで上映されるかどうか...これもDVDが出るまで待たないといけないかも...

そろそろ、日本語の特訓始めなきゃ...  [トップへ]

 
翻訳の仕事

私は、6月いっぱいで10年近く働いて来た職場を辞め、翻訳業を本業にしようと決めました。いろいろ事情があり、まだ正社員ではありませんが、落ち着いたら正社員になります。私がこれまでとても忙しくしていたのは、この翻訳の仕事が忙しかったからと言うのがあります。今やっているプロジェクトは、日本では去年か一昨年にテレビで放映された「DNAngel」というアニメのシリーズなのですが、それに加えて、「北斗の拳」という3部作のアニメのも頼まれ、これがまた急ぎだったので、てんてこ舞いでした。でも、ちょっと前に私の一番最初のプロジェクトがDVDとして発売され、一番最後のスタッフのリストに自分の名前を見た時は、ちょっと感動しました。「北斗の拳」はいつ出るか分からないのですが、「DNAngel」は噂では最初のDVDが11月頃に出るそうなので、それが出たらアメリカの知人・友人、特に子供の居る人達に宣伝しようと思ってます。^_^   [トップへ]

 
家を売りに出しました。

いろいろ考える所があって、家を売りに出しました。気に入っている家なのですが、一生住む為に買った訳でもなかったし、そろそろラスベガスを脱出した方がいいかなと言うのもあって...でも、なかなかオファーが来ない!売りに出して、今週末で1ヶ月になるのと言うのに...まあ、私たちの場合、急いでいる訳ではないので、気長に待つ事も出来るのですが、いろいろ先の予定が経たず、悶々としています。

家が売れたら、フェニックスに引っ越そうと思ってます。もともとフェニックスで家を買おうと考えていたのですが、ケビンの上司が来年の6月に上司の役職から退く事になったので、もし新しい上司が、ケビンの自宅勤務を許可しない場合、もしくは、今のプロジェクトを続けてもよいという許可をしない場合は、その時はケビンも転職になる訳です。もし、そうなった場合、フェニックスに引っ越してフェニックスで仕事が見つかればいいのですが、そうでなければ、新しい仕事のある場所に引っ越す事になり、そうなるとまた家を売らなければならなくなるので、フェニックスに移っても暫くはアパート住まいにするつもりです。でも、これも家が売れない事にはどうにもならないので、今の所はあまり詳しくは考えていません。

この報告を読んで下さっている皆様。ラスベガスに別荘はいかがですか?または、ラスベガスに別荘を持ちたいと考えている人をご存知ありませんか?ご存知でしたら、教えて下さい。よろしくお願い致します。ちなみに、私たちの不動産のエージェントの水田さんのホームページのリンクを貼っておきます。そこの「今月のオープンハウス」にうちが出ています。(7月いっぱいだけなんですが。)  http://www.lasvegasmyhome.com/  [トップへ]

 

日本語ホームへ     近況報告ホームへ